無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
「くい んだし あんびんだんぎ」
0

    去った2月に,「平成29年度 しまくとぅば普及促進事業費補助金事業」を活用して『与那国語ことばあそび絵本 『くい んだし あんびんだんぎ』」が発刊されました。

     

     

     

     

    著者は,国立国語研究所の山田真寛氏と与那国在住のハラ セイコ氏,朗読を田頭政英氏が行っています。


    山田氏やハラ氏は数年前から,与那国語の文法記述と並行して与那国町での言語復興活動を行っていて,読み聞かせ会への参加や,住民を対象としたワークショップの開催をしています。


    今回,「与那国語ことばあそび絵本 『くい んだし あんびんだんぎ』」として編集・印刷・製本をし,与那国町の全園児,全児童へ配布し,「与那国語」の言語復興のためのコンテンツとして,親子,また彼らと母語話者世代のコミュニケーションツールとしての価値の創出を目的としています。


    文章は同じ文字で始まる語をたくさん使用し,児童が「クスッ」と笑えるようにし,飽きのこないものとなっています。

    (例:とぅがら とぅんでぃてぃ とぅん とぅりるん (蛇 出て 妻 倒れる))

    田頭氏の朗読を聴く事も可能です。


    県内各地域の図書館へも配布されていますので,見かけた方は,是非手にとってみて下さい。与那国語を知らなくても,きっと「クスッ」と微笑んでしまう事でしょう。


    WEBで朗読を聴けるページが用意されています。

    朗読音声を再生できるページ(スクリーンショット)
    久部良小学校では,給食時間に学校放送でも活用しているみたいです。
    ROKの方言ニュースでも紹介されていたようです。
    給食時間に“怒っているとうがらし” 与那国言葉普及活動を報じるROKの方言ニュース(スクリーンショット)
    | tant-o | 県産本(沖縄本) | - | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | - | - |
      Trackback
      http://oki-jiji.jugem.jp/trackback/265