無料ブログ作成サービス JUGEM
本の販売はこちら
沖縄出版協会ロゴ
←prev entry Top next entry→
ウチの会社の階段
0
    県内で(最近では県外の仕事もしていらっしゃるようで)、編集者・ライターとして活躍している宮城一春さん。
    ウチの会社のOBで(私が入社したときには既に退職していた)、護佐丸プロジェクトを進めるにあたって、かなり濃く関わりを持たせてもらっている人です。

    護佐丸プロジェクトで作成した中学生用副読本『ありんくりん中城』では、宮城さんに書いてもらい、私が担当編集者として関わりました。

    なかなかに読みやすく仕上げてもらったのですが、中学生用であると言うことを意識してのことだと考えています。

    さて、昨日は、『オールヒラタッタープリーズ』ができあがり、沖縄本.comに新人君が入り、そして、直接お呼ばれしたこともあって、アンクルさん、宮城さん、SeaMoくん(新人)、私と四人で軽く、あくまで軽く、杯を傾けて参りました。

    宜志政信さんの本が出るということは社内で話が出ていたのを聞いたのみで、内容も知らず、その日に入荷したことを初めて知りました。
    まだどこにも出ていない、営業担当も手にしていない、(当たり前だが)本屋にも置かれていない、ほやほやのできあがりを居酒屋で手にするわけですが、編集者の特権を最大に感じられた飲み会でもありました。

    泡盛のキープボトルを飲み倒し、さらに2本目を飲み進め、みんないい具合に「いい気分」になったころ、宮城さんが編集者なのか、ライターなのか、本来どうでもいい話で盛り上がり(?)、なぜ、そこに行きついたのか分からないのですが、いや、あるいは宮城さんの深慮遠謀に嵌められたのか、話は「何かしら文を書く」ということに。

    締め切りは11月の終わり(23〜30日)。1000字以内で。テーマもいつの間にか「何かしら(フリーテーマ)」から「(ウチの会社の)階段」に。
    エッセイ、ブログ、散文、形態は問わず。
    社内投票が行われ、最優秀に選ばれたら何かしら特典があるかもしれないというとこまでもりあがり......

    というわけで、このブログでも紹介するつもりですので(笑)




    「締め切り守ろうね」の乾杯@正人 by私のガラケー





    | tant-o | 時事出版の階段 | comments(2) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | - | - |
      Comment
      2015/11/09 11:59 AM posted by: SeaMo
      SeaMoです。
      あれから話なかったんで忘れとりましたがコンテスト進行中だったんですね。
      がんばって制作します。
      でわでわ´・ω・`)ノ
      2015/11/09 12:45 PM posted by: tant-o
      この写真が何よりの証拠。

      ただし、酒の上のことなので、「忘れました」もなきにしもあらず。

      とりあえず、締め切りまもーね(笑)
      name:
      email:
      url:
      comments:
      Trackback
      http://oki-jiji.jugem.jp/trackback/213