無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
野外研修会へ行ってきました!
0
    8月14日(金)に那覇地区小学校理科教育研究会の先生方と一緒に、「野外研修会」に参加しました。
    今回は、本島北部。

    最初の予定は、

    乙羽岳―――フタオチョウとコノハチョウを見よう!

    ↓↓↓↓↓↓

    運天―――貝地層を見よう

    ↓↓↓↓↓↓

    底仁屋―――横臥褶曲を見よう

    となるコース。



    まずは寄り道から

    乙羽岳に向かう前に、早速寄り道。(予定は未定という事でしょう(笑))乙羽トンネル近くにある、大きなクヌギの木を見ようという事で、草むらの中へ侵入。クヌギは元々沖縄に自生しておらず、人為的に植えたであろうという事だが、なかなかの大木になっていた。やはりクヌギはカブトムシで有名!

    甘い樹液を出すのであろう、スズメバチやルリタテハなど多く集まっていた。そこではヤエヤマネコノチチの名前の由来などの講習会が早速はじまる。一通り見て回り乙羽岳へ。



    クヌギクヌギ



    ヤエヤマネコノチチヤエヤマネコノチチの実(ネコのお乳に似ているという事が名前の由来)



    乙羽岳は、フタオチョウ&コノハチョウが見られるかも・・・?という事で、今回私が一番楽しみにしていた場所。早速チョウたちのお出迎え。イシガケチョウにツマベニチョウ、ルリタテハ、ジャコウやシロオビ、アオスジといったアゲハ類、オオゴマダラにカバマダラ・・・   これは、期待大!!  専門の先生方も一緒の事ですし、初のフタオチョウとのご対面なるかも?!  テンション アゲアゲでしたが、遊歩道をくまなく歩いても見かけることはできませんでした。う〜ん残念

    ルリタテハルリタテハ



    ツマムラサキマダラツマムラサキマダラ



    巨大ヤスデ巨大ヤスデ



    貝化石の層も見ました

    お次は、運天港近くの貝化石を含む地層。この地層は高さ約15メートルでカキなどの貝化石が含まれています。同様の地層が対岸にある古宇利島でも見られ、古宇利大橋の建設の際のボーリング調査では、海底30メートル下で同じカキの貝化石を含む断層が見られたそうです。この事からこのあたりの海は断層によっておちこんだものとみられるそうです。

    運天の貝化石層運天の貝化石層

    運天の貝化石層(ズーム)運天の貝化石層 アップ



    昼食後、源河を横切り底仁屋へ「 Let's go ! 」と思いきや、またまた寄り道!

    「う〜ん。さすが理科人!」

    着いた場所はとても小さくきれいな川、「有津川(あっつがわ)」。とても涼しげで、話しを聞くとタナガーやオオンナジャーもいるらしい。小魚も見えて「リュウキュウアユの稚魚かもね」との事。今度は是非、水遊びもしたいぞ〜。

    有津川有津川



    曲がり方が絶品!

    さて、最終ポイントの底仁屋へ到着。

    写真では何度も見た事はあるが、直に見るのは初めて!やはりスゴイ!!

    横臥褶曲(おうがしゅうきょく)とは、曲がりくねり、折り畳まれて横倒しになった褶曲の事をいい、大変めずらしいものだそうだ。また、この地層は嘉陽層からなり、「砂岩・泥岩・層内礫岩・礫岩」の4種類からできているそうです。約6500万年〜2500万年までの4000万年の間に3500m〜5500mの深海に堆積されたものだそうです。自然の壮大な力と気の遠くなるような年月を改めて思い知らされました。

    ここでも、面白い植物を紹介してもらった。

    「この植物の根っこの匂いをかいでごらん?何の匂いかわかる?」

    う〜ん。確かにどこかでかいだ事のある匂いなのだが、思い出せない。しばらく考えると「ルートビアの匂いにそっくりじゃない?」との事。

    「そうだ。そうだ。ルートビアだ!」

    ここでも、自然の壮大な力と気の遠くなるような年月プラス理科人の壮大な知識力に関心しきりでした。(この植物、写真は残したが、名前を忘れてしまった。大失敗・・・。)

    底仁屋の横臥褶曲底仁屋の横臥褶曲



    ルートビアのにおいのする植物ルートビアの匂いのする植物



    丸一日をかけての北部野外研修会はとても有意義で楽しいものとなりました。これからもこの理科人(敬意を込めてですよ(笑)・・・)たちといろいろな勉強ができたらいいなと感じた一日でした。



    那覇小理研の先生方、お疲れさま&ありがとうございました。 





    沖縄時事出版インターネット書籍販売はこちらから

    | | 沖縄県内の研究会 | comments(1) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | - | - |
      Comment
      2009/09/19 10:08 PM posted by: kaorin
      ルートビアのにおいのする植物、「コバナヒメハギ」(別名:カスミヒメハギ)ですよ。
      いいな〜。野外巡検行きたいな〜。

      ※ちなみに、ある年代からは、このにおいを「サロンパス」「サロメチール」と認識するそうで、、、。
      name:
      email:
      url:
      comments:
      Trackback
      http://oki-jiji.jugem.jp/trackback/172