無料ブログ作成サービス JUGEM
本の販売はこちら
沖縄出版協会ロゴ
←prev entry Top next entry→
ロボットコンテスト
0
    11月15日に「創造アイデアロボットコンテスト 沖縄県中学生大会」が行われます。

    全県の中学生が、浦添市の仲西中学校に集まって自慢の手作りロボットを競いあわせます。
    ロボットコンテストポスター

    年を追うごとに盛況になっているのですが、何と言っても、(高専の活躍を伝える新聞記事:新報タイムス)沖縄県のロボットコンテストに参加する中学生は全国的に見てもレベルが高く、九州大会や全国大会などでも優勝しているのです。下にザラッと挙げてみると、



    2001年度

    全日中会長賞&文部科学大臣奨励賞(A部門)

    2002年度

    全国ロボコン大賞(A部門)

    2003年度

    全国優勝&全日中会長賞(A2部門)、さらに国際ジュニアロボットコンテスト参加

    2004年度

    全国ベスト4&アイディア賞(A2部門)と九州パフォーマンス大賞(C部門)、さらに九州敢闘賞(C部門)

    2005年度

    全国ベスト8(A1部門)&九州大会優勝(A1部門)と全国ベスト4(A2部門)&産業技術学会賞(A2部門)、さらに九州優秀賞(C部門)

    2006年度

    九州大会優勝(A1部門)と九州パフォーマンス大賞(C部門)

    2007年度

    九州パフォーマンス大賞(C部門)と九州アイディア賞(B部門)



    と、まあ、すばらしい記録なのでございます。



    関連リンク

    全日本中学校技術・家庭科研究会のHP

    (沖縄県中学校技術・家庭科研究会のことも載っています)

    創造アイディアロボットコンテスト全国中学生大会の公式ページ



    ※創造アイデアロボットコンテストは、A部門(A1:モーター4つまでのロボットの1対1対戦 A2:モーター3つまでの2台のロボットが、協力しながら2対2で対戦)、B部門(A部門より大型のコートで高度な要求が求められるロボットが1対1で対戦)、C部門(C1:パフォーマンス部門 ダンスや作業等パフォーマンスを争う C2:オリジナル競技部門 全国大会とは異なる競技に取り組んでいるロボット)と、数部門に分かれており、競技形式は、毎年変更されている。(各部門の規準を満たす内容の競技形式)





    沖縄時事出版インターネット書籍販売はこちらから
    | tant-o | 沖縄県内の研究会 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | - | - |
      Comment
      name:
      email:
      url:
      comments:
      Trackback
      http://oki-jiji.jugem.jp/trackback/119