無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
職場体験
0
    8月28,29日に真和志中学校の2年生3人が職場体験に来ました。

    「編集者」って、耳にはしますがどんなことをやっているのか、具体的にはなかなかイメージできないかと思います。

    この職場体験では、何となくでもいいので、概略みたいなものを体験してもらうことにしました。
    【1日目】

    職場体験(入所式)↑入所式



    職場体験は入所式から始まります。「気をつけ!」「礼」を聞くのは、この職場体験の時ぐらい。

    ちょっとだけ、学生に戻ったようなそんな気持ちにさせてくれました。



    3人の中学生はこんな乱雑な編集部に来て、どう感じたでしょうか?(私が入社したときは、もっと汚くて、「なんて所に来てしまったんだ!」と嘆いていたのに....。気が付けばバッチリ時事出版色)



    このあと3人には、日程の説明、作業の内容、諸注意などを行い、たまたまこの子達の学校でも使っている「英語ノート」の入荷がありましたので、見学してもらいに倉庫まで。

    職場体験(諸説名)

    「英語ノート」は、比較的重たい方の教材なのですが、見学中、なんと、男の子は志願の荷物運びに挑戦!(驚)



    職場体験(倉庫)

    その後、営業部に行って、販売している出版物(教材・絵本・その他の本)の説明を受けます。

    この写真は、ふるさと絵本(エイサーや、うずらのかあさんなど)を見てもらっているところ。

    職場体験(営業部)



    子どもたちには、2日間を通して体験レポートを作成してもらいます。

    記事の作成、写真の埋め込み、写真キャプションの作成など、編集作業の基本的な流れをちょっとだけ体験してもらいます。

    職場体験(レポート)↑体験レポートの作成





    【2日目】

    2日目は、相談役との清掃から始まりました(これは今回初めてのこと)。

    職場体験(清掃)

    そして、ウチの出版物の印刷を請け負っている文進印刷サンに、印刷所の見学に行きます。

    データ作成→製版→印刷→製本。一通りの工程を説明してもらったようです。

    印刷所見学でいちばん印象に残ったのは「インク臭がきつかった」だそうです。(だよなぁ:笑)

    確かに、慣れるまでは結構きつかったりするでしょうね、お疲れさまでした。

    職場体験(文進印刷)



    たまたま、現在編集を進めている教材の原稿チェックをしている担当がいまして、そこに突撃、質問アタックです。

    職場体験(生原稿)

    「いま何をしているところですか?」

    先生に書いてもらった原稿をチェックしているところです。

    内容を確認し、必要に応じて修正します。

    それから、レイアウトを整えていきます。



    「生原稿」は一般の人ではまず見ることのないものですから、出版社での職場体験ならではのことでしょう。



    職場体験(体験レポート)

    作業する時間があまりとれず、終了予定時間をオーバーしてしまいましたが、体験レポートが完成しました。

    これで、職場体験学習は終了です。

    3人ともお疲れさまでした。









    職場体験(昼食)↑営業部で昼食



    二日間とも、昼食は、おっさん達(編集部の面々)とはつらいだろうと考え、総務部の女子職員にお願いしました。

    このあと、デザートにアイスキャンディー、さらにプリンまで食べたらしい。

    デザートは別腹ということなのでしょうか。



    (10代はいいけど20代にはきつくないっスか?@そこの女子職員??)
    | tant-o | 日常のヒトコマ | comments(1) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | - | - |
      Comment
      2008/09/11 11:17 PM posted by: tant-o
      いやいや、変なつっこみをして申し訳有りません。
      甘いものが結構苦手なtant-oとしては、ちょっとびっくりしたものですから....
      別にデザートを食べるのがわるいというわけではないんですよ。「とろ〜りクリ〜ムプリン」もおいしいですしネ。(確か、グリコでしたっけ?)

      tant-o
      name:
      email:
      url:
      comments:
      Trackback
      http://oki-jiji.jugem.jp/trackback/114